INFORMATIONお知らせ

結婚式における『新型コロナウイルス感染拡大防止』の対応
更新

ご挨拶

2020年、私たちが暮らす世界のかたちが大きく変わりました。そして2021年、人生におけるかけがえのない「ハレの日」であるウェディングにも、「新しいあり方」が求められ続けています。

THE FUJIYA GOHONJINは2020年、「コロナ禍における結婚式」を多数お手伝いさせていただきました。それは本当にありがたいことであり、【どんなに形が変わっても、ウェディングには“変わらない価値”がある】ということを、世の中の皆様が変わらず信じてくださっているということに他なりません。

私たちがお手伝いさせていただいたウェディングの経験を、「これから結婚式を迎えられる皆様」のためにも少しでも役立てたく、昨年~今現在の実施状況などをまとめ、掲載させていただきます。さまざまな形や選択肢を前にお悩みの皆様にとって、ご検討やご判断の一助となりましたら幸いです。

1. 「ウェディングシーン」における感染対策の考え方

結婚式には「飲食」のシーンが伴いますが、同時に「来場者があらかじめ特定されている」ことや「来場時間・利用時間も決まっており、限定的である」という特徴があり、一般的な飲食店等における「会食」シーンとはまた異なる視点での判断が必要となります。

ウェディングシーンにおいて対策されるべきリスクは「接触感染」と「飛沫感染」です。

THE FUJIYA GOHONJINは、公益社団法人日本ブライダル文化振興協会 および 一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会 により策定された『結婚式場業 新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン』を参考に、パブリックスペース・披露宴会場・バックヤードなど各エリアにおける具体的なリスクを挙げ、必要な感染対策を設定・実施しております。

当館スタッフおよび関係者側の徹底はもちろん、新郎新婦様ならびにお越しになるゲストの皆様にも「ご来館時の検温」「ご飲食時以外のマスク着用」「こまめな手指消毒」「お酌のご遠慮」などにご協力いただいており、それらも皆様に安心してお過ごしいただくための大切なポイントとなっています(いずれの対策内容も、詳しくは本ページ下記に一覧をまとめております)。

また、結婚式に登場するさまざまなウェディングアイテムにも、「コロナ禍だからこその形式・機能」を持つものが次々と登場しています。結婚式においてゲストが「楽しみたいけれど、大丈夫かな」とふと心配になりやすいシーンに着目されているものが多く、こういったアイデアにも細やかな気遣いと工夫が感じられることと思います。

新しく登場したウェディングアイテムの例
*オリジナルロゴ入りマスクを招待状に
*お席にはマスクケース付き席札を用意
*フェイスシールド風フォトプロップスで写真撮影
*おしゃれなハンドジェルをプチギフトに
2. 結婚式は「中止/延期」よりも「無理のない範囲で実施する」が多数派

また、新郎新婦様が「結婚式自体、実施していいのだろうか」とご不安なお気持ちになることもおありかと思います。

昨年春の第一波・緊急事態宣言下では、当日を間近に控えていらっしゃった新郎新婦様の多くが【半年~1年ほど日程を延期する】というご判断をされていらっしゃいました。

しかしその後数ヵ月ほど経ってみると(2020年秋頃)、「どうやら収束までは、予想以上に時間がかかりそうだ」という見通しに。

そこから現在に至るまでは、「このまま収束予想がつかない中で延期し続けても、逆に負担になってしまう可能性があるのでは」という観点からも、【日程はそのままに、“その時点において無理なく行える範囲”で実施する】というご判断をされるケースが主流となっております。

3. 実施にあたって「無理のない範囲」とは?

新郎新婦様がゲストをご招待するにあたり、主に「会場内での“密”状態を回避する」ことや、「日常的に同じ空間/エリアで生活している人のみにお集まりいただく」ことを検討されるケースが多く見られます。

おふたりで、またご両家のあいだでも「どのラインが自分たちにとって無理のない範囲か」ということをご相談いただき、ご心配な点やご不明点などには随時ウェディングプランナーがお答えしながら、ご状況に応じた調整を重ねてまいります。

実際のご検討・ご判断の例をいくつかご紹介いたします。

① ご招待人数を「会場の最大収容人数の50%まで」にする
(例) ご招待するゲストを「親族などごく近しい関係性の方」のみに絞ることで人数を抑え、席の間隔を十分にとる(それ以外の皆様には 後日SNSでご報告する・映像配信などで在宅のままお楽しみいただく等)。
② 「県内在住者」のみを対象にご招待する
(例) その時点で感染拡大している地域からお招きすることは控え、県内・市内など「比較的 感染状況の緩やかな地域」にお住まいの方にのみお越しいただく(出欠席の変更も臨機応変にお受けする)。
③ 挙式には友人も招き、披露宴は「家族のみ」で行う
(例) マスクを着けて参加できる挙式には近隣在住の友人も招き、挙式後の披露宴(食事)は「日頃生活を共にしている相手」である家族のみで行う。

またこの他、具体的なパーティーレポートも掲載しておりますので、よろしければご覧くださいませ。

4. 「結婚式」が難しい場合でも

もちろん、中には様々なご事情から「延期」や「実施見送り」というご判断に至られるケースもございます。ですがそれでも、「おふたりの結婚」が親御様をはじめとしたご関係の皆様にとって喜ばしいお祝いごとであることに変わりありません。

THE FUJIYA GOHONJINには、結婚式と同等のウェディングドレスや花嫁衣装でお写真を残すことができる「フォトウェディング」というプランもございます。

ご家族には撮影に同席して晴れ姿をご覧いただけるのはもちろん、離れてお住まいのご友人やご親戚の皆様にも「きちんとした写真で結婚報告ができる」ということで、昨年より大変ご好評をいただいております。

会場選びでお悩みですか?

お気軽にお電話ください

TEL:026-232-1207

ブライダルサロン

平日11:00~19:00 / 土日10:00~19:00
(火曜定休 祝日の場合は営業)

FAQよくあるご質問

まだ何も決まっていません。何から始めたらいいですか?
 「まだ何も決まっていない」と言う段階で見学にいらっしゃる方は多いのでご安心ください。

 どの様な順番やポイントで検討をして行けば良いかのコツや、気になる金額やマナーについて丁寧にご案内させていただきます。

 まずは、お好みのブライダルフェアを予約して、ブライダルサロンにいらしてみてください。

フェア一覧を見る
ブライダルフェアを調べるカップル
どんな挙式が可能ですか?
 キリスト挙式、人前式、仏前式、神前式と、全ての挙式スタイルをお選びいただけます。

 藤屋オリジナルの人前式である「結縁式(けちえんしき)」は、大切なご家族への感謝や人々とのご縁を大事にした式次第で行われる、特に人気のお式です。

 また、藤屋は善光寺大門町にあるため、仏前式をご希望される方は善光寺での挙式が人気です。

挙式を詳しく見る
人気の結婚式スタイル「結縁式(けちえんしき)」
FAQの一覧はこちら

ブライダルフェアを選ぶ

多様なラインナップをご用意。
ご検討をはじめたばかりの方も
お気軽にどうぞ。

はじめてのフェアに参加する方へ

THE FUJIYA GOHONJINブライダルサロン

〒380-0841 長野県長野市大門町80

TEL:026-232-1207

受付時間:平日11:00~19:00土日10:00~19:00(火曜定休 祝日の場合は営業)

instagram
ページトップへ